♪漬け無しでSSを目指したブログ♪

orz~漬けなしでSSを目指したけど挫折したブログです~orz
2017/04≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメ返し

恒例のコメ返しです(笑
明日は行きますので、厩舎の記事が書けると思います。
、、、大した内容は無いでしょうけど(爆

いやぁ、それにしても貴重なご意見有り難うございます。

>新星さん
「いかにメダル効率よくSSまでたどり着けるかが興味の中心」

これは、まさにその通りですね。タイトルに拘って本末転倒になりつつありました。
「初代をガリでサラ」「怪物を未出で性別合わせ」
この手段を要所で組み込めば、今のスタイルでもSS行けると思います。
これからはメダル状況を見ながらこれらを組み込んで行きたいと思います。
ご指摘有り難うございました。

あ、そうそう、検証考察は誰でも出来ますよ(笑
考察をやるとですね。次のとき冷静な判断が出来るのでお勧めです♪

>匿名希望さん
ありがとうございます。今後ともよろしくです!

>匿名さん
おお。それは面白いテーマですね。
「皐月でWBC行きを決めたのに何故黄色を行使しなかったか?」
ですね。

これは、色々考え方があります。黄色も普通にありだと思います。
だけど、私はですね初WBCに黄色は使いません。
理由は以下の通りです。

①黄色は後で必要な時が来る
5万枚以上稼ぐ馬でも最初から最後まで王道に乗ってるわけではありません。必ずどこかで王道転落を経験してます。なので、焦って黄色使わなくても必ず使い時が訪れるのです。
特に、TEになってから海外1000G1の2着でも青が着ますので、世界ローテーに入ったら黄色を取得するタイミングが無いんですよね。だから、後半戦に取って置きたいと思うのです。

②初WBCは水もの
初WBCはSS上でも1権3.5倍くらいしかつきません。
これは、勝率30%以下です。
なので、皆さんご存知の通りWBC勝つには運が必要なんですよね。
その上で、初WBCで黄色を使うと、0.5くらい悪化します。
ただでさえ低い勝率がさらに低くなるわけです。
ならば、国内戦できっちり青とってそれからでも遅くないと言うのが私の考えです。

では、黄色WBCは何時使うか?ですけど、
これは、「SWBC勝利後の王道転落時」or「SWBC3着時」です。
この状態であれば、そこそこの素質馬なら黄色使っても1倍代が望めます。
この状況下なら黄色によるオッズ悪化は大した影響はないと思うのです。

ちなみにSWBCの黄色に関しては、GETしたらすぐ使います。

あくまで、私の考えなので、ご参考まで♪

さて、厩舎の方ですけど、、、
まず④は堅実COMつけてください。ガリ・デブと素質馬の配合はあまりお勧めしません。
で、③ですけど、、、これは元素質解ります??
近5走からはサラある感じに見えるのですが、、、前の青葉6倍代の馬じゃないですよね??
もし、サラならNHK勝ちの馬と配合ですね。怪物にはなるはずです。
ただ、ちょっとローテーが詰まりすぎです。もうちょっと空けて使った方がいいですよ♪

>米雨さん
これまた、興味深いご意見ですね。
私はデジタル人間なので、基本的に「オッズ=勝率」と考えてます。
牡の発動馬の場合、普通は、皐月負け→NHKなんですが、この馬の場合は、2着だったのと中長だったのでダービーを選択しました。で、ここで4着だったわけです。

もし、皐月・ダービーとも着外だったら、3歳G2へ行きます。
これは、次戦G1でのオッズ低下を抑えるためです。

で、今回は皐月の2着があったため、GⅠに行くことにしました。そして、菊を選択しました。
これはですね。晩成・早熟の問題ではなく、単純に最もオッズのつくGⅠを選択したのです。
実際、菊では2.4でしたが、古馬GⅠだと2.8くらいになっていたと思います。

ここからは私見というか精度の低い予想ですが、、、、
晩成・早熟と言った概念はゲームシステム内に存在すると思います。
だけど、「晩成=序盤勝ちにくい」では無くて、「晩成=序盤オッズがつきにくい」、「早熟=中盤以降で枯れやすい」ではないかと思っています。なので、「晩成だから古馬にしてから~」とかって考えは私はしません。
成長曲線・調子・距離適正・馬場適性・コース適正・素質・着恩恵、、、、これらの全ての要素が反映されたものがオッズだと考えています。何故なら、そうじゃなければ、調子↑の馬は、表示されているオッズよりも勝ちやすいことになってBET攻略法に結びついてしまうからです。
上記が私の考えです。

ただし、私は、結構短気で、待つのが大嫌いなんで、主戦についたときがJCとかだったら、古馬G2叩いて低額GⅠへ行ってたと思います(爆

---------------

いやぁ、今日のは面白いご意見だらけで考えていて楽しかったです。
こういう風に文章に整理すると、自分の考えが纏まるんで、自身も勉強になります。
私はご存知の通り、理論派ですけど、常に理論的に考えているわけではないので、、、、こういった議論をきっかけに何となく思っていたことを整理できるんですよね。で、考え方を整理すると考えと合わない状況が出た時に、直ぐに気付きますし、その結果、修正もしやすいんでもの凄く助かります。

新星さん、匿名さん、米雨さん。ほんとタメになりました。有り難うございます。
スポンサーサイト

コメント

No title

んちゃ☆

私もオッズ理論肯定派です(笑)
それが総てだとは言いませんが・・・(悩)
その中でも、早熟・晩成理論については考えが似ていますね。
勝つ勝たないではなく、残週管理によるオッズの推移状態(成長曲線)だと思っています。

距離適正、、、他も当然オッズに関係してくると思います。
上級馬になればなるほど、薄れる気がしますが、逆を言うと下級馬では顕著に現れる気がしています。
ガリを例にすると解りやすいですが、あれは適正体重を大きく外してオッズを悪化させていますし、下級馬がより悪化しやすいので、上記の説明もつきますし、ほちゃさんの見解も正解だろうと予想できます。


以上・・・ローデストの、勝手に私見(考察)に乗っかってみようのコーナーでした!w

ほちゃさんはじめ、不愉快になられた方がいらっしゃいましたらすみません。指摘していただければ速やかに消去いたします。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ども♪
まず、ローデストさん☆
不快に思うどころか、大変興味深い考察ですよ。
どんどんご披露願います。

で、ほちゃさんへ(笑
僕はアナログ人間、感で勝負する方なので、オッズ=勝率とは、あまり意識しません。

正直、黄色と青のオッズの差が勝敗に影響を与える程とは思っていません。
なので、相当弱気になっていなければ黄色でワールド特攻です(笑
(勝負をかけた馬の場合ですよ、最低限勝負できる素質のある馬の場合です。)

確かに使いどきを考えて温存する手もありますが、(実際それも試しましたが)やはり勢いが大事かな(←この辺がてけと~)との結論に達してます。

早熟・晩成に関してはおっしゃる通り、僕は晩成コメが出ても、古馬になんかしませんよ。古馬にすると、クラッシックのドラマから外れて面白くなくなる(笑。

素材にするつもりの馬で晩成コメ出たら、放牧しないだけですね♪
フル調教。 クラッシック序盤で、全然ダメでも菊で大輪を咲かせてくれます♪

とまあ、言いたいこと言ってますがすみません<(_ _)>

やはり、皆さん持論があるようですね。
やっぱりスタホは絶対!!てのがないんだな~と感じます。
だから、面白いんでしょうけどね♪

長文・駄文失礼しました<(_ _)>

No title

ほちゃさん、おはようございます。 m(._.)m ペコ

なるほどなるほど・・・。大変参考になるご意見、ありがとうございます。 φ(.. )メモメモ
私の場合、数字(オッズ)よりも、どっちかと言えば、文字(コメント・短評)の方を
ついつい重視しちゃうんですよね・・・。 (^-^;
晩成と言われれば古馬にするし、距離が短いとなれば伸ばしますし。 (^_^;)

でも、私も待つのは苦手で、結構プレイ開始時のタイミング次第でローテ考えます。 (^^ゞ

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://kaninhendu.blog32.fc2.com/tb.php/41-5a178baf
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。